おもちゃせどりマニュアル 古道和俊 の評価

こんにちは。

『副業にインターネットビジネスを選んだいたずらっ子2歳児ママ』

のAMIです(^-^)

AMIがお勧めするインターネットビジネスはこちら

おもちゃせどりマニュアルって何?

≪特定商取引法に基づく表記≫

【販売会社】株式会社SMS
【販売責任者】古道和俊
【所在地】群馬県伊勢崎市宮子町3489-4
【電話番号】090-7814-4599
【メール】book-girl@mail.goo.ne.jp
【販売URL】 http://bosedori.xsrv.jp/asp/infotop/toysedori/

≪免責事項≫

当サイトは、当サイト内で掲載された情報について
充分に注意・確認をした上で掲載していますが
コンテンツ等の内容が正確であるかどうか
最新のものであるかどうかは保証していません。
内容によっては情報が古い、あるいは間違っている可能性もあります。
また、当ブログの利用による、何らかのトラブルや不利益等については
一切責任を負えないことをご了承ください。

おもちゃせどりマニュアル

今回はせどりマニュアルのようですね。

どんな中身なのかさっそく見ていきましょう。

コンテンツ内容

セールスレターに記載してあります。

≪価格:8800円≫

おもちゃせどりマニュアルは稼げるの?

それは、本でもCDでもDVDでもない…
あなたが子供の頃に
大好きだったあの商品です。

今回あなたを特別に、
ドキドキ!ワクワク!夢と冒険がいっぱいの、
せどりファンタジーの世界にご招待いたします。

ということは、今回はおもちゃのせどり??

なんだか楽しそうな響きですね(^-^)

うちの息子2歳児が聞いたら

「どんな玩具あるのかなって」

「欲しい!買って」と強請られそう・・・

聞かせてあげられないですね(^_^;)

そうそう!

子供ころは、たくさん玩具買ってもらいましたから

思い出がたくさんありますね~!

おもちゃの夢がありますよ♪

あの頃が懐かしい~♪

でもせどりだからお金がかかるんですww

それは当然なのですが・・・

おもちゃにはピンからキリまであって

それが売れるか売れないかの問題(-_-;)

売れる商品の目利きが必要です

せどりの問題はここなんです・・・

売れる商品を見抜かないといけません!

おもちゃのせどりは競合性があまりいないって

セールスレター書いてあるけど

このマニュアルを販売しているから

自然と競合性が高くなっていくかと・・・

問題なのはそのへんなのよね(^_^;)

おもちゃせどりのデメリット

  • 大きくて重いものは送料が高くなる
  • おもちゃを買うための初期投資が必要
  • 嵩張るから保管場所に困る

商品の梱包が大変だし運ぶのに重労働です!

在庫を抱えると売れるまで利益が成りづらいし

肝心の利益率も低いみたいですね

プレミアム商品が最初に高く売れる

とセールスレターに書いてますが・・・

仕入れるのに高くかかりますけど(^_^;)

おもちゃせどりマニュアルはお手頃価格でも・・

この商材自体のおもちゃせどりマニュアルは

お手頃の価格で購入することができますが

せどりなので結局は初期投資が必要です(-_-;)

お金に余裕があって大きな家に住んでいないと

なかなかできる副業じゃないです!

よほど、せどりが好きで梱包から発送の

作業から何までも苦にならなければね・・・

じゃなければおすすめできません!!

私は「せどり」で長く安定して確実に稼げるとは思いません。

やはり、ブログのように財産を作る方が良いですね(^-^)

評価・まとめ

以上の評価から、私はこの『おもちゃせどりマニュアル』をお勧めはしません。

こういった”詐欺的要素のある情報商材”の罠から

1人でも多くの方を救いだしたいのです。

私のブログを読んでくれたあなただけには断言します!!

「本物の情報というのは、ネット上にはほとんどない」

というふうに理解しておいてください。

少しでも参考になれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました(^-^)

AMIからのお願い

「副業はインターネットビジネス」本業以上に稼ぐ方法!!レビュー・評価・まとめブログ

商材等の購入は十分に検討した上で慎重に行って欲しいです。

私も騙された経験がある以上、同じようなことになってほしくないのです。

「自分の身は自分で守る」これ1番大事!!

また、「この商材はどう??」っていうのがあれば

ぜひ、私に問い合わせしてみて下さい。

可能な限り早急に精査しレビューしていきますので(^-^)

私もあなたもみ~んなで幸せになりましょう♪

お気軽にご連絡下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする